象の鼻テラス ZOU-NO-HANA TERRACE

7 SEEDS -COMMUNICATION UNDER TREES-

ポート・ジャーニー・プロジェクト

開催日時
2024年5月10日(金)- 6月9日(日)
会場
象の鼻テラス
ディレクション
ミヒャエル・クレス/Michael Kress
主催
象の鼻テラス
連携事業
第8回横浜トリエンナーレ
協力
Hyper Cultural Passengers, Hamburg

象の鼻テラスでは、ポート・ジャーニー・プロジェクトによるグループ展「7 SEEDS –COMMUNICATION UNDERTREES–」を開催します。本展の企画・ディレクションを担当するのは、ポート・ジャーニーの主要メンバーの一人であるミヒャエル・クレス(ハンブルク/ドイツ)です。今回の展示に際し、地球を未来につなぐ「7つのメソッド」を私たちに投げかけてくれました。このメソッドを手掛かりに”今”できる行動のアイディアをポート・ジャーニーに参加するアーティスト、クリエイターのコミュニティに自由な表現方法で呼びかけ募集します。

応募はこちら(日本語)
OPEN CALL (English)

世界はいま激動の時代にあります。戦争、災害、環境問題はますます深刻化し、AI ・ テクノロジーの進化により目まぐるしく変化しています。7つのメソッドは、次の世代へ世界を繋いでいくために重要なキーワードであり、展覧会ではこれを実践するヒントの提示と対話の機会を創出します。

会場では、募集により集まった作品群とクレスによる映像とサウンドインスタレーション作品《I Was》を展示します。《I Was》では、世代の異なる7組21名のアートに従事する女性たちが、未来から現在へ振り返ることを想像し自身へ投げかけたメッセージを、音と映像で表現します。
展覧会を通じて、アーティストから示された「持続可能な社会実現に向けたアイデア」を私たちの生活の中で考え、活用することを促します。


ミヒャエルクレスが考える、地球を未来に繋ぐ
7つのメソッド

SEED 1:CRITICAL SUSTAINABILITY IN ART
 ⚫︎ 持続可能な地球のためのアクション
SEED 2:HOLISTIC URBANISM – SOCIAL-CENTERED TRANSFORMATION ART
 ⚫︎ ひとびとの協働で生まれる新しい都市と環境
SEED 3:PARTICIPATION & COLLABORATIVE DEMOCRACY
 ⚫︎ 参加推奨と協働型民主主義
SEED 4:DIVERSITY, OPEN INCLUSION AND SELF-DETERMINATION
 ⚫︎ あらゆる人を受け止める力と自己決定力
SEED 5:ARTISTIC AND CULTURAL PARTICIPATION
 ⚫︎ 芸術と文化を受け入れる土壌づくり
SEED 6:RIGHT TO LIFELONG LEARNING
 ⚫︎ 生涯学習の権利
SEED 7:UNIVERSAL EMPATHY (EMPATHETIC INTELLIGENCE VS AI)
 ⚫︎ 普遍性のある共感の土壌作り(共感知能 vs 人工知能)

→For more details


At Zou-no-hana Terrace, we will be holding a group exhibition «7 SEEDS –COMMUNICATION UNDER TREES–» organized by the «PORT JOURNEYS.» The planning and direction of this exhibition is led by Michael Kress (Hamburg/Germany), one of the members. For this exhibition, he has presented us with seven messages for creating a sustainable future together with people around the world.

The world is currently in a turbulent era. Wars, disasters, and environmental problems are becoming increasingly serious, and things are changing rapidly with the evolution of AI and technology. The seven messages are important keywords for connecting the world to the next generation, and the exhibition will provide hints for putting them into practice and opportunities for dialogue.

At the venue, there will be Kress’ video and sound installation work «I WAS» and the «Open Call Program» where ideas for a sustainable society are solicited from around the world through Port Journey members. Through the exhibition, we encourage people to consider and utilize the «ideas for realizing a sustainable society» presented by the artist in our daily lives.

 

■関連イベント

オープニング・レセプション
2024年5月10日(金)18:00-
会場:象の鼻テラス
入場無料/飲食別途

 

アーティスト・トーク
2024年5月11日(土)15:30-16:30
会場:象の鼻テラス
登壇:Michael Kress(ミヒャエル・クレス)
本展の企画・ディレクションを担当したメンバーの一人であるミヒャエル・クレス(ハンブルク/ドイツ)が、展覧会の趣旨や「7つのメソッド」の意図について語ります。
詳細はこちら

 

ポート・ジャーニー・プロジェクト ディレクターズミーティング 2024
2024年5月12日(日)13:00-15:00
会場:象の鼻テラス/オンライン視聴
世界の創造的な港町をつなげる国際交流事業「PORT JOURNEYS」では、パートナー都市が一堂に会し都市の課題について議論を重ねる会議「ディレクターズミーティング」を2014年より開催してきました。2019年以降、2019年以降新型コロナウイルス感染症の流行に伴い交流が途絶えておりましたが、この度5年ぶりに、オンライン・リアルのハイブリッドで開催します。
詳細はこちらEnglish Information

※5月11日、12日は「2024 ワールドトライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜大会」の開催により交通規制実施されています。会場へのアクセスがしづらくなりますこと、予めご了承ください。

 

 

ポート・ジャーニー・プロジェクトについて

クリエイティブな街づくりを推進する世界の港湾都市の行政、文化施設と関係者、アーティストとの協働により、持続的な文化交流を推進するプロジェクト。本プロジェクトを新たな街づくりを推進するプラットフォームと捉え、クリエイティブな都市間交流が自立的に発展して行く事を目指します。
現在までの参加都市:横浜(日本)、メルボルン(オーストラリア)、サンディエゴ(アメリカ)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、フローニンゲン(オランダ)、バーゼル(スイス)、ナント(フランス)、レイキャビク(アイスランド)、アンマン(ヨルダン)、高雄(台湾)、ヘルシンキ(フィンランド)、光州(韓国)など。
portjourneys.net/

 
ZOU-NO-HANA TERRACE initiated the“ PORT JOURNEYS” in 2011, to build relations upon an axis of cross-cultural exchange, through the collaboration of world port municipalities engaged in creative community development, cultural facilities, and artists.
Yokohama’s ZOU-NO-HANA TERRACE has as its objective multi-dimensional and sustainable mutual exchange among artists, municipal administrators and cultural facility staff in each port city. Cities to be involved with this cultural exchange include Yokohama’s sister ports, port cities having partner relations with Yokohama, and other creative port cities.
With the globalization of the world’s economy and changes in economic spheres, there is a demand for cities to reconsider their traditional functions and reinvent themselves. It is in that setting that more and more metropolitan centers around the world are promoting community development with citizens and artists and creators at the core of their concepts.
As a platform for the promotion of community creation, this project’s pursuit is the autonomous development of creative inter-city exchange.

SHARE