TODAY:     ...

EXHIBITION

ポート・ジャーニー・プロジェクト 横浜⇆ハンブルク
佐藤未来帰国展『Soup Tasting River Yokohama —- Hamburg』

PORT JOURNEY yokohama - Hamburg
MIKU SATO "Soup Tasting River Yokohama —- Hamburg"
開催日時 | DATE:2018年3月19日(月)〜 2018年3月24日(土)
3月21日(祝・水)16:00 トークイベント
会場 | VENUE:象の鼻テラス | ZOU-NO-HANA Terrace
主催 | ORGANIZED BY:象の鼻テラス | ZOU-NO-HANA Terrace
協力 | IN COOPERATION WITH:FRISE
助成 | SUBSIDIZED BY:ハンブルク市文化部 | Hamburg Ministry of Culture

世界のクリエイティブな港町をつなぐ「ポート・ジャーニー・プロジェクト」。
2012年から交流を開始したハンブルクに、2018年1月、横浜のアーティスト佐藤未来を派遣しました。
都市に流れる川の水で、その土地に根ざしたスープを作り味わうプロジェクトを、
過去にも様々な土地で実施している佐藤未来。
今回ハンブルクでの、エルベ川の水を使ったスーププロジェクトの記録展示を行います。
会期中にはスープで温まりながら、アーティストによるアートと公共性や市民交流についての話を聞くトークイベントも実施。
また会場では、これまでのポート・ジャーニー・プロジェクトの全ポスターを掲示し、活動を振り返ります。

  
 
■会期中のイベント
トークイベント
3月21日(水)16:00〜

今年4月からヘルシンキでの滞在制作を予定しているアーティスト原倫太郎を招き、
アーティストにとってのポートジャーニープロジェクトについてや、アートと公共性や市民交流についてのトークイベントを実施します。

登壇者:佐藤未来(アーティスト)、原倫太郎(アーティスト)、
    村田真(美術ジャーナリスト/BankARTスクール校長)、大田佳栄(スパイラル/ワコールアートセンターチーフキュレーター)

会場:象の鼻テラス
参加費:無料 
参加方法:テラス内で受付、予約不要
*参加者には温かいスープをご用意しています。(無料/なくなり次第終了)



■プロフィール
佐藤未来/アーティスト

1985年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。現在、東京藝術大学大学院映像研究科在籍。
プライベートとパブリックの間、個人と世界、つくることとみることの能動性と受動性の関係についてさまざまな実践を行う。
日用品や衣食住に関わる日常の家事などを用いたワークショップやアクションで社会にアプローチし、少し違った世界の見方や小さな対話がうまれる可能性を示そうとしている。






 
■ポート・ジャーニー・プロジェクトとは
2011年に横浜とメルボルン(オーストラリア)の交流からスタートし、恊働可能な施設や団体、およびそれらが属する市政府関係者と協議をかさね、今日的かつ持続可能な文化サポートの仕組みづくりを行っています。以降、ネットワークを徐々に拡大。年に一度のディレクター会議(毎年ホスト都市を変えて実施)や2ヶ月に一回のオンライン会議も行いながら、2都市間のみ、アーティストの交流のみにとどまらない広い意味での文化交流のかたちを探っています。
現在までの参加都市(ディレクター会議の単回参加も含む)、横浜(日本)、メルボルン(オーストラリア)、サンディエゴ(アメリカ)、ハンブルク(ドイツ)、上海(中国)、グローニンゲン(オランダ)、バーゼル(スイス)、ナント(フランス)、レイキャビク(アイスランド)、アンマン(ヨルダン)、高雄(台湾/予定)など。
PORT JOURNEYS website

--
The objective of the “Port Journey Project” is to link creative port towns around the world. Exchanges with Hamburg began in 2012, and in January 2018 the town was visited by Miku Sato, an artist from Yokohama. In the past, Miku Sato has conducted projects for making and enjoying soups of various regions around the world by using the water from the river of those towns. There will be an exhibition introducing the soup project recently held in Hamburg that used the water from the Elbe River.
Warm soups will be served at the event, while a talk show with an artist regarding artwork, its public nature, and exchanges between the local people of cities will also be held. Additionally, all posters from the previous “Port Journey Project” will be on display to reflect on past projects.
 
■Event
TALK EVENT

2018/3/21 WED  16:00~
 

The talk event will be inviting artist Rintaro Hara, who is scheduled to stay in Helsinki to work on creative projects from April this year. Topics will cover the significance of the Port Journey Project for artists, as well as the public nature of art and exchanges with the local people of cities.
 
SPEAKER : MIKU SATO (Artist), RINTARO HARA (Artist), MAKOTO MURATA (Art Journalist / BankART School Principal), YOSHIE OTA (Curator of Spiral/Wacoal Art Center)
Participation method: Reception at the terrace, no reservation required.
 *Soup will be served free of charge (number of servings are limited in amount)

 
■Profile
Miku Sato
Born in 1985. Miku Sato received her B.F.A. in oil painting from Musashino Art University. Currently undertaking a master's course at New Media from Tokyo University of the Arts.
Her practice focuses on relationships of intervals and spaces that exist between the public and the private, or between passivity and proactivity in art. She explores new perspectives on the world and possibilities of dialogue in our society, through workshops of open-source ideas utilising daily necessities and household chores as medium, as well as people’s participatory actions.

 

■About PORT JOURNEYS
ZOU-NO-HANA TERRACE initiated the “PORT JOURNEYS” in 2011, to build relations upon an axis of cross-cultural exchange, through the collaboration of world port municipalities engaged in creative community development, cultural facilities, and artists.
Yokohama’s ZOU-NO-HANA TERRACE has as its objective multi-dimensional and sustainable mutual exchange among artists, municipal administrators and cultural facility staff in each port city. Cities to be involved with this cultural exchange include Yokohama’s sister ports, and port cities having partner relations with Yokohama, and other creative port cities.With the globalization of the world’s economy and changes in economic spheres, there is a demand for cities to reconsider their traditional functions and reinvent themselves; it is in that setting that more and more metropolitan centers around the world are promoting community development with citizens and artists and creators at the core of their concepts.
As a platform for the promotion of community creation, this project’s pursuit is the autonomous development of creative inter-city exchange.   




icon_top

TODAY:     ...

ttl_news

UPCOMING

Zou-no-hana Terrace Song
song: Shuta Hasunuma